ザ・ジョージアンハウス1997

美しいアンティークに抱かれた
現代に蘇る英国マナーハウス

マナーハウスと呼ばれ、今ではホテルや美術館になっている、イギリスの静かな郊外でめぐり会う、数百年前の古めかしい邸宅。王族や貴族がおさめる、実り豊かな領地の中心に建てられ、自然を楽しみながらも、贅をこらした生活を営んでいたと言う。人が本当に「幸せ」で「豊か」だった時代への、オマージュか。
18~19世紀の貴族の館を再現した、木と石と煉瓦造りの英国邸宅、「ザ・ジョージアンハウス1997」。
いまだに誰か「主」と「奥方」が住んでいるかのような佇まいと、見事なアンティークと美術コレクションが、訪れる人をもてなす。

  • 英国マナーハウス
  • 施設概要

英国マナーハウス

18~19世紀のイギリスに建てられたマナーハウスと呼ばれる建物は、今でもイギリスの各地に残り、貴族の末裔が居住する城となったり、ホテルや美術館となったりしています。250年以上前のイギリス貴族が、自分が治める広大な領地の中心に建てた大邸宅なので、当時の古めかしくも贅沢な生活ぶりが偲ばれ、そのステイタスの大きさに圧倒されます。豪華さを競うように意匠を凝らした大きな家具、そこに並ぶ高価な美術品コレクション、楽器を越えた装飾性を持ったピアノ、壁にならべられた先祖代々の肖像画、飾り棚いっぱいに並べられた銀食器、背より高く大量の本をおさめた書棚など、富と栄誉を我がものとしたイギリス貴族が、今もそこに住んでいるかのようです。

そんなマナーハウスを現代に蘇らせて、1997年に建立されたのが「ザ・ジョージアンハウス1997」です。この邸宅はブリティッシュタウンの3つの建物、またスワングループの5の英国建築の中でも最も古い時代を表現しており、比べても更に重厚で落ち着いた雰囲気です。木と石と煉瓦のみで作られた当時のマナーハウスを再現するために、敷地には煉瓦を敷き詰め、内装は大理石の床、オーク材の床を中心に、壁には木を貼りめぐらし、素材を生かしたディティールに贅を凝らしています。邸宅にはイギリスで手に入れた本物のアンティークの家具を並べ、さらに美術品、楽器、絵画、食器。古書などを、誰かがそこに住んで生活しているかのように並べています。

昼は太陽の光を採り入れて生かし、夜はロウソクの光だけを頼りに過ごしていた時代の建物のため、窓をたくさん作りながら明暗のめりはりを付け、シャンデリアもウォールライトもすべて燭台型、温かい色味のアンティーク照明を選んで付け、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
人が人をもてなす温かさを表現するために、扉をあけるドアマンや、エントランスにはインフォメーションが控え、ゲストの訪れを待っています。人が豊かな自然と寄り添って生きていたことを表現するために、小さい庭には心をこめて花を植え、木々を大きく育てています。
失われつつある古き良き時代へのオマージュ、懐かしい英国への憧憬として、「ザ・ジョージアンハウス1997」は永遠にここに在ります。



施設概要


外観

高崎の街並みにひときわ目立つ、堂々とした巨大な白亜の外観。
夏は青空を背景に、見事な大木の濃い緑にかこまれて、清らかに、冬は幻想的な光のイルミネーションに彩られて、華やかなたたずまい。
まるでイギリスの小さな街を旅するように、ロンドンタクシーに乗り、ブリティッシュタウンの門をくぐり、大邸宅の重厚な木扉を開いて、
異国の異空間、異次元の世界に足を踏み入れるとき、誰も心が躍る。

レストラン「ル・シーニュ」

邸宅の奥にひっそりとある、まるで隠れ家のように静かなシャトーレストラン。笑顔に招かれて、美しいステンドグラスがはまる木の扉から入れば、まるでイギリス郊外の古城の貴賓室のよう。
ヴィクトリア調のエレガントな内装に、アンティークの家具が映え、本物のアンティークのピアノが、今も美しい調べを奏でている。シンボルの真紅のバラが、凛として華やかな存在感を放っている。

ゲストルーム

ブリティッシュタウンの中で最も広いメインルームとして、たくさんのゲストを迎えている、華やかなゲストルーム。
邸宅の主の趣味を表現したかのように、特別に豪華な造りで、黄金色の大理石をはめ込んで磨き抜かれた総大理石の床は光り、スワロフスキーのクリスタルシャンデリアは本物の輝きを放ち、美術的・文化的に価値あるコレクションが随所に置かれている。手描き絵のアンティーク食器や、見事な銀食器のセットなど、ゲストはいつでも手にとって見られる工夫も随所にされている。
  • エントランス

    ドアマンが開く2枚の扉を抜けて、足を踏み入れる重厚なエントランス。時の流れがとまったかのように落ち着いたロビーで、オルゴールが鳴る。
    深い緑の大理石の床はひんやりと、古めかしい椅子や机はひっそりと。冬の暖炉の火は赤々と燃え、本は開かれるのを待ち、絵は美しく装っている。そして人が人を心からの笑顔と真心で、ゆったりと迎えている。
  • ヴィクトリアンバー

    ヴィクトリア時代のパブをイメージして作られた英国式バー。アンティークな雰囲気の中に、70年前のジュークボックスと、不揃いなパブチェアー、小さなテーブルがところ狭しと並ぶ。
    ヴィクトリアンスタイルのステンドグラスの天井から光が入り、古き良き懐かしさを思い出させるような、光と陰の演出を見せる。今では貴重となった“ビートルズコレクション”も見逃せない。
  • ロイヤルルーム(左)、エドワードルーム(右)

    邸宅には「ロイヤルルーム」「エドワードルーム」の小部屋があり、小さな宴会や、誕生日や記念日のお食事会などが催されている。
    「ザ・ジョージアンハウス1997」では一日に5組までの結婚式、8組までのパーティを行えるため、サブルームとして便利に使える。
施設紹介
  • ザ・ジョージアンハウス1997
  • シャロンゴスペルチャーチ高崎
  • ロイヤルクレストハウス
  • ギャラリー&コレクション
  • 施設データ
  • 360° パノラマビュー

PAGE TOP▲